スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

巨大な台風への備えを!

最近の投稿

胆泥(たんでい)、消えるの巻

日中もおさんぽにちょうど良い日が増えてきた、と思ったら 急に暑くなったり冷たい雨が降ったり。 気温の変動が激しいですね。
朝晩の急な涼しさで パピーやシニア、持病のあるパートナーは 調子を崩しやすいです。

我が家では朝晩、こんなチェックをしています。
朝:吐いた痕跡がないか/足裏・耳・お腹・内腿は適温か/排泄と食欲は変わりないか 夜:涼しい寝床とあたたかい寝床が確保されているか(自分で快適な状態を選べるように)

もしも夜や朝方にパートナーが小さく丸まって 鼻先を隠すように眠っていたら、 それは寒いという合図の可能性があります。
のびのびゆったり深く眠れるように、 体温や寝床に目を向けてみるとよいかもしれません☆


まいにち おなか出してねてるんだぁ へへへっ

さて、今年の春のペットドックで見つかった、我が家のパートナーの胆泥。 (たんでい:胆嚢の中の胆汁がサラサラではなく泥状になっているもの)
なんとこの秋の再検査で 消えていました!

実は、春のペットドックの時点で 「胆泥って自然に消えることもあるんだよ」と 動物病院の院長先生から言われていました。
胆泥はエコーの画像に影のように白く映るのでドキッとしますが、 それ自体は病気ではないので 治療の対象ではないということも聞いていました。
ただ、放置しておくとそれが胆石に変化してしまうことがあり、 そうなると治療が必要ということでした。

つまり、胆泥が見つかった時点で私ができることは 胆泥→胆石の変化を防ぐこと。
そのために行ったことは以下の3つです。
①ドライフードを同じラインのシニア用(低脂肪)に切り替える ②脂肪分の多いおやつを食べさせない ③ハーブを食事に取り入れる

<①低脂肪フード> ラッキーなことに、 主食として食べているドライフードに 新しくシニア向けの低脂肪タイプがありました。 素材も香りも同じだからか、食べることが大好きな我が家のパートナーは すぐに新しいフードが気に入ったようでした。

<②おやつの脂肪分カット> チーズをおやつに与えることをやめました。 脂肪分がとても多いためです。 それまでは大喜びするおやつだったので 「ごめんね、残念だよね…」と思いつつこっそり処分しました。 それ以来おやつを買う時は、粗脂肪の数値を特に気にしています。

<③ハーブのトッピング> 現在、ドライハーブを毎食(時々あえて休みますが)トッピングしています。 胆嚢が肝臓と密接に関連していることから、 肝臓ケアのハーブを…

ととのえる

毎日本当に暑いですね。
室内でも熱中症の危険は常にあります。 パートナーのために、夜間やお留守番中も 空調機器を稼働させてあげてください。 カーテンでの遮熱、サーキュレーターでの空気の循環も良いですね♪ (扇風機のみの使用では熱風を循環させることになり、 東京のこの暑さでは逆効果です。。)


こんな暑い日々ですが、 からだと心をととのえる、その重要さを強く感じています。

瞑想はマインドフルネスを学んだ5-6年前から行っています。 今年からヨガスタジオに通い始め、 からだと心のつながりをよりいっそう感じるようになりました。
※マインドフルネス:ものすごく簡単に言うと 「いま、ここ、に意識を向ける」。 瞑想が主なトレーニング方法、宗教色を取り払った禅というイメージで、 アメリカ発、現在は日本でもビジネススキルとして注目されている。


ヨガをするときは、私はポーズと呼吸のことで頭がいっぱいになります。 心配ごとを頭に浮かべる余裕がありません。
ヨガクラス中はデジタルデバイスの通信を切ります。 それも私にはとても良いようです。
通信を切ることで、自分の体と心に意識が戻ってきます。 余計な不安もわいてこなくなり、呼吸が深くなります。
その瞬間のその場だけに集中するのは、 心とからだにとって良いことなのですね。




わたしもからだのトレーニング! 長い時間じょうずに乗れるようになったよ☆


いぬの心身の状態は、そばにいる人の影響をとても受けやすいです。
私の理解ではそれはスピリチュアルなものではなく、 いぬの発達した五感(特に嗅覚と聴覚)の為せるものだと思っています。
私がプレッシャーや心配ごとでストレスフルな状態になると、 パートナーは頻繁に私の表情を覗き込みます。
ソワソワと歩き回ったり立ち止まったりを繰り返し、 全く落ち着きがなくなってしまいます。
実際には人間の鼓動の速さや汗の匂いを感じ取っているためでしょう。 でもそれはまるで、私の神経質な部分が「伝染」していると思えるほどです。

ということは、 意識してゆったり落ち着いていることができれば、 それもいぬに「伝染」するはず。

ゆったりするには、 副交感神経が優位な状態が理想的です。
副交感神経のスイッチをオンにするためには、 【5分】の時間を要するのだそうです。
瞑想でその5分を過ごす場合の私の方法を 簡単に記載しておきます。

まずは座るか、床に仰向けになります。 そして目をやさしく閉じ、鼻で呼吸します。 自分の自然…

清潔にして病気の予防

雨の多い季節になりましたね。
いぬが快適に過ごせる湿度は40-60%といわれていますが、 この時期の東京はどうしても湿度が高くなりがちです。
お部屋には、温度計に湿度計が付いたものをひとつ置くことをおすすめします^^ 数値で現状を把握できると、家族の誰でも対応がとれるようになります。
気温や湿度は、人によって(年齢・性別・体調などによって)感じ方が違いますので、 客観的な情報が見えると便利かと思います。


さて、こんなジメジメとした季節ですので、 「清潔」についてすこし考えたいところです。
基本的なことですが、飲み水やごはんのお皿を こまめに洗うことは大切ですよね。
先日とある獣医さんがツイッターで 「内臓の調子が悪い(病気の)子のもともとの原因は 清潔でない水飲み器の使用だった」 といったことを書かれていました。
暑く湿度が高い環境ではカビが増殖しやすいため、 少なくとも1日に1回以上は綺麗に洗ってあげたいところです。 (私は洗い替えのお皿をもう1セット用意して 朝晩の食事の際に器を洗い、乾いた状態の新しいお皿と交換しています)
複雑な構造の水飲み器を使用なさっている場合や、 凹凸のある食器を利用の場合は特に気をつける必要がありそうです。
私もお仕事で食器を洗う際は いぬねこ用食器洗剤とメラミンスポンジの併用で 念入りに洗わせていただいています。
わんにゃん特有のぬるぬる感のない、 ピカピカキュキュッとした食器を使わせてあげたいですね♪


雨の日はいつもとちがうにおいがするよ



そして清潔といえば、歯磨き。
ちょうど今月の『いぬのきもち』が歯みがきの特集でした。 (かなり丁寧な写真や絵の解説で内容が充実していました。 お持ちの方はぜひご覧ください。 私はいつも美容室で待ち時間に読ませていただいてます^^)
歯磨きは本当に大切だと思いますが、 続けるのが難しいお世話のひとつではないでしょうか。
理由としてはやはり、 パートナーの全面的な協力が欠かせないこと、 慣れるまでに相当な時間を要すること、 悪くしないためのお世話であり成果が見えにくいこと(モチベーション維持が難しい)、 などが浮かびます。
簡単に言うと歯磨きはもともと いぬも人も「たのしくない」 のではないかなと思います。
歯磨きがたのしければ続くはずです。 近いうちにたのしい歯磨きについてまとめてみたいです^^

今日も明日も あなたのいぬとの暮らしに笑顔がたくさんでありますように☆

はじめてのペットドック、結果は…?!

この春、私のパートナーがはじめてペットドックを受けました。
これまで毎月の持病の血液検査に加えて、 半年に1回程度多項目の血液検査を受けてきました。
そして今年はそこへ「年一回のペットドック」を追加しました。
パートナーは今年7歳になり、シニアの仲間入りです。 そこで、より健康に気を遣いたいと思ってのことです。 (本当はペットドックは若い頃から毎年一回やっていいのです! 我が家はなんとなく先延ばしにしてしまったという良くない例です。。)


私のパートナーのかかりつけ病院では、 ペットドック予約時に複数のコースから選べる形になっていました。 検査の種類が多いほど料金も高くなります。 (同様の仕組みを取っている動物病院が多い印象があります。)
当日はお財布から「1番大きなお札」が1-2枚なくなってしまいますので、 予算をとってあらかじめ時期を予定しておくことが大切ですね。
時期が決まったら早めに予約の電話をして、 当日は朝ごはん抜きなど病院の指示に従って準備します。 病院から指定された時間までに余裕を持って着くようにしましょう☆




検査のあいだ、おかーさんいなくならない…? (そばで待ってるよ。おいてかないよ^^)



さて、気になる今回のパートナーのペットドック結果ですが、 「ほぼ100点!」 とかかりつけの獣医さんに言っていただきました。
持病(基礎疾患)があるのに、これほど良い結果とは思いませんでした。 驚きつつも嬉しかったです^^
気になる点は1つ、胆汁の一部が泥状になっているのが見つかったことです。 私もエコーの画像を見せてもらい、胆嚢の一部分の見た目が他と違うのはわかりました。 本来はサラサラした液状の胆汁が、一部泥状になってしまっているというものです。
胆泥そのものは悪いものではないということですが、 泥がもっと固まって石になってしまうといけないので、 半年に一度のエコーと食事の脂肪を控えめにしていくことで経過を見ていきます。


そんな異変が早めにみつかったのが 今回のペットドックの1番の収穫でした。
自宅でできるケアとして、 脂肪分の少ないシニア向けフードに変えたり、 胆汁を生成している肝臓を労ろうと考えて 食事に少量のハーブ(犬用の商品)を取り入れ始めてみました。

秋のエコー検査がよい結果だといいなぁ、 良くならなくてもせめて変わらないくらいだといいなぁ、 と願いつつ、 パートナーが元気でいてくれる毎日を ありがたく大切に過ごしています。


有能!! ☆便利グッズbest 5☆

GWが明けて以降、お天気が良く暑い日が増えましたね!今日のお昼は日向の地面が熱くて、長時間のお散歩はできない状態でした。
そろそろお散歩の時間帯を夕方遅くに変えたり、日中は日陰を選んで歩く・飲み水を持ち歩くなどして、熱中症や脱水症状に気をつけたいですね☆



おそとでのパートナーの笑顔は最高!暑さ対策しておさんぽ・おでかけしましょう^^

さて、今回はパートナーとの暮らしに便利なグッズについてのお話です。よい道具には頼った方が人もいぬもラクになる、というのが私の考え方です。そして実は時々、パートナー専用に作られたものよりも人間用の製品の方が安くて使い勝手が良いという場合もあります。
そこで、人間用の製品だけれどパートナーのお世話グッズとして日頃使っているものからオススメを5つ、選んでみました。みなさんのお宅でもお使いのものがあるでしょうか?それでは見てみましょう♪
★1位★【100円ショップの洗顔用泡立て器】これはシャンプーを薄めつつ泡立てるのにとても便利です!特にお顔を洗う際に薄めて泡状にしておくと、もし目に入ってしまっても薄まっている分、安心です。身体を洗う時も、泡立てるためにゴシゴシと皮膚や被毛を擦らずに済みます。泡を洗い流す時もスーッと落ちやすいです。私はトリートメントを薄めるのにも使っています。※シャンプー剤やトリートメント剤はpHおよび成分の関係上、いぬ専用・ねこ専用にそれぞれ作られたものを使ってくださいね。
★2位★【人工芝】2つめもおふろ関連です!人工芝は洗っている際のパートナーの足場用になります。滑らないことが安心感につながるということで導入しています。市販されているお風呂の滑り止めマットって、お値段がお高いのです。。不安定な足場は心を不安にさせますが、これがあると滑らないので、お風呂が苦手な子ほど効果があると思います。
★3位★【100円ショップのピルケース】1週間分、毎日毎回のお薬をわけておけるピルケース。ほかの家族にも「あげたかどうか」が見えて、誰でもその回の薬の組み合わせがわかる、というのがいいところです。誰がみてもわかるようにしておくことで家族にもお手伝いしてもらいやすくなり、メインでお世話をする人の負担が減ります。(我が家ではピルケースを使い始めてからは、「今朝のお薬どれだっけ?●●はあげるんだっけ?」「きのう、あげたっけ?」といった質問がなくなりました…

いぬと幸せについて

いぬと人が双方幸せであってほしい。

私の1番の願いです。


ここで言う「人」には、いぬのオーナーも、いぬが嫌いな人も、
みんな含みます。

直接関わる人も関わらない人も、大きく社会を考えたとき、
本当はみんな関わっているからです。



では「幸せ」ってどういうことだろうかと考えてみます。

人はみんな幸せになりたくて生きているはずです。

あまり深く考えると哲学的になってしまうので、ここでは
「幸せ」=「不安なく満ち足りていること」と考えてみます。

そこに活力がプラスされると、とても楽しく充実した状態を想像できます。



つまり、私が思う幸せとは
自然に笑顔でいられるような、
気力体力が充分で余裕がある状態。

仮にいぬのお世話という観点だけで見るならば、
「丁寧なお世話・しつけ・対応が継続的にできる双方の状態」が
それにあてはまるかもしれません。




いぬと人、みんながいつもそうあってほしい。

でもオーナーひとりの力で
その状態をずっと維持していくのは、
とてもむずかしいことだと私は知っています。




私自身のいぬとの暮らしは、充実した幸せな状態ばかりではありませんでした。

主に忙しいことを理由に、パートナーの心や身体に負担をかけた時期がありました。

ほんとうはできるだけ一緒にいてよくお世話し、
笑顔で穏やかでありたいのに、
そうできませんでした。

仕事で疲れすぎた日は、帰ってきたらごはんをあげて
トイレを片付けるだけで精一杯でした。

パートナーの大切な社会化期に充分に向き合ってあげられたとは
残念ながら思えません。



あのとき、もしいまの自分のような存在がそばにいたら。

週に1度でも頼れていたら。

夕方のお世話をまかせて、会社から走らないでゆっくり帰って来られていたら。



そうしたら、もう少し心身に余裕のある自分で、
つまり「幸せな状態の自分」で
パートナーに接することができていたのではないか。
そう思います。


ですから、
オーナー様はぜひ安心して頼れる人を見つけてください。
それはシッターでも、シッターでなくてもかまいません。

パートナーとの暮らしをサポートしてくれる人の存在は
きっとプラスになります。





オーナーの幸せはパートナーの幸せに直結しています。断言できます。

だからこそ私はまず自分が幸せであることを大切にしています。

私が幸せでいることがパートナーや家族の幸せになります。

親し…